欲情スイッチ 君のはどこにあるんだろ~

スカトロ 盗撮 無修正動画 近親相姦 youtube av 外人 乱交 アニメ 妊婦 あんまん パイパン 下着 放尿 ニューハーフ 無料サンプル マニア デリバリー 見れる 無修正DVD 裏ビデオ 無修正 無料 デリヘル 中出し

2016年11月

スカトロ 盗撮 無修正動画 近親相姦 youtube av 外人 乱交 アニメ 妊婦 あんまん パイパン 下着 放尿 ニューハーフ 無料サンプル マニア デリバリー 見れる 無修正DVD 裏ビデオ 無修正 無料 デリヘル 中出し

紕���宴�����荅宴��[������������������]

壊花【単話】[服部ミツカ盈]


服部ミツカ
2016年10月16日
ネコ科の猛者「トラ」!無数のトゲに覆われた虎の凶悪ペニス。
発情薬で勃起した隻眼の虎が美少女の局部に襲いかかる。
2日で百回におよぶトラの交尾に彼女は耐えられるのか?
異種アニマル姦の極北、タイガー姦エロス…!

■絶対Zoophilia作家【服部ミツカ】が描くド迫力のトラトラ姦姦!

※この作品はアンソロジー『獣DIRECT3』収録作品の単話配信です。



�����������<�����

トマトちゃん


出版社:集英社

作者:豆電COFFEE
電子書籍販売日:2016/10/14
ストーリー:○月○日、トマトちゃんが何者かに食された。一体、何者なのか?あんなにかわいいトマトちゃんを食すなんて…。そのなぞなぞが解けたとき、あなたには、こおりつくような恐怖がまっている。サスペンスホラー推理マンガ『トマトちゃん』。なんと5冊突破!ヒロエンタープライズにて、好評発売中!!!!!



俊寛[瓜谷茜]

俊寛[瓜谷茜]


瓜谷茜
2016年09月11日
史実を脚色したお芝居のひとつ「俊寛」は、能や歌舞伎でよく上演されるもの。

舞台は、平清盛率いる平氏全盛の平安時代。
清盛への反乱を企てた僧侶・俊寛が仲間とともに流された先の島で起こった事件を描いたものです。
特に歌舞伎では、俊寛が島の女性「千鳥」を都へ送るために、
自分が身替わりとしてひとり島に残り、都へ向かう船を見送る。
という悲壮感あふれるラストシーンが有名なお話。

歌舞伎「俊寛」を何度も観る中で、著者は俊寛の壮絶な生き様に感動しつつも、「謎」があったという。
その「謎」を出発点に、独自の解釈で「俊寛」の物語を描いた絵巻。
味わい深いイラストとともに著者ならではの視点で描かれる物語に要注目!

※電子書籍版「俊寛」は、著者が2016年1月に開催した展示会の絵巻を元に作成されたものです。

<著者プロフィール>
瓜谷茜
1985年スペイン・サラマンカ生まれ。幼少期に東京へ移住。
小学校1年生頃から地元の「絵画教室」に通い絵画に親しむ。
中学3年の時に、歌舞伎の舞台を観て自分の感覚に「しっくり」きて以来、
他の伝統文化含め観劇を続けている。この頃から歌舞伎や文楽をモチーフに制作を始める。
2011年会社を退職後、EVAの名前でモデル活動を開始。
ショーやスチールなどの仕事をする傍ら、イラスト作品をイベントや雑誌などに提供、個人制作を続けている。


お弁当と小春ちゃん

お弁当と小春ちゃん


出版社:茜新社(COMIC高)

作者:茜新社(COMIC高)
ストーリー:



とろんとろん♪ハーピィ【単話】[ぶーちゃん盈]

とろんとろん♪ハーピィ【単話】[ぶーちゃん盈]


ぶーちゃん
2016年07月14日
ハーピィちゃんが魔法使いクンを襲います。
でも、エロい魔法をかけた副作用か、逆に襲われてイかされるハーピィちゃん。

※アンソロジーコミック「モンスター娘との交合」に収録されている作品の単話配信です。



ギャラリー
  • 東大生100点は取り飽きたので人生最高得点を取る旅に出ます
  • ボルボ XC60 B5 【車両レビュー】 世界で高い評価を得る XC60 に新たな仕様が追加!! 48Vハイブリッドシステム搭載の注目SUV!! E-CarLife with 五味やすたか
  • 【部屋リモート】岩尾の部屋しりとり【ジュニア小籔フット】
  • 「TAKERU NO PLAN DRIVE」#1
  • Official髭男dism - イエスタデイ[Official Video]
  • Official髭男dism - Pretender[Official Video]
  • Twitterで検察庁法案がトレンド入りしたカラクリを完全解説!といってもWEBマーケティングの定番テクニックですが、、、 上念司チャンネル ニュースの虎側
  • 加藤・ブー・仲本・志村の証言 いかりや長介
  • Mr.Children DOME  STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 (後編)