fd800d02.jpg
パパがも一度恋をした2


出版社:小学館

作者:阿部潤
愛する妻が亡くなって以来、丸3年間引きこもり中の山下吾郎(38歳)。娘ですら手をやくそんなダメパパ・吾郎のもとに突然現れた不審な中年男。…その正体は、おっさんの姿になって生まれ変わってきた(!)妻・多恵子だった。「妻」を名乗るそのハゲちらかしたおっさんを、多恵子として愛しはじめてしまう吾郎。手をつないでデートしたり。人に「妻です」と紹介したり…。そんな「当たり前の夫婦」の日常とは程遠い、ふたりの夫婦生活。むしろ、妻の朝勃ちに困惑したり、男同士として一緒に合コンに参加したり、人目を忍んで家庭内デートしたり。そんな、なんでもないようなことが高いハードルになるふたりの日々は、困難に次ぐ困難の連続。2集では、キテ○ツくんそっくりな謎の発明少年が、おっさん多恵子を生前の美しい多恵子に見える「ふしぎめがね」を吾郎に授けたり、吾郎の身に’リアル女子’の誘惑が迫ったり、奇特にもおっさん多恵子を愛してしまう吾郎のライバルが登場したり…。新キャラ続出で、ただでさえややこしい吾郎&多恵子夫婦の周辺は、ますます嵐モード。世界一しあわせで、世界一むずかしい恋????絶賛進行中です!!